障がい者歯科

―どなたでも不安なく歯科治療を受けていただくために―

くりさき歯科・こども歯科には、ハンディキャップがあるために歯科の治療が困難な人のための「障がい者歯科」があります。

このような理由で歯科治療をためらっていませんか?

  • ☑ 身体の不自由や緊張があって、治療のための姿勢が保てない
  • ☑ 院内で騒いだり暴れたりしてしまったら、周りの人に迷惑をかけてしまう
  • ☑ 自閉症、知的能力障害などのため、自分で歯の痛みや症状をうまく説明できない
  • ☑ 治療の説明を聞いても十分に理解できず、受診に前向きになれない
  • ☑ 口の中に治療器具などが入ると不安が強くなったり、嘔吐の反応が強くなったりして、受診が怖い

当院では、患者様お一人お一人の症状や状態に合わせて無理せず治療を進めていきます。もし当院での治療が困難と判断された場合は、提携高次医療機関の名古屋歯科保健医療センター(障がい者歯科センター)への紹介も行っております。

くりさき歯科・こども歯科の障がい者歯科の特徴

1. 障がい者歯科治療の経験が豊かな歯科医師

当院の院長は「障害者歯科学会」に所属しており、名古屋歯科保健医療センター(障がい者歯科センター)にも在籍しているので、この分野での治療経験が多くあります。また、障がい者歯科に精通した歯科衛生士も在籍しているので、安心してお任せください。

2. 不安を取り除いて治療しやすく誘導する「行動調整法」

自閉症、知的能力障害などの方で、コミュニケーションがうまくとれない場合は、視覚的にわかりやすく説明をしたり、数を数えながら終わる時間を見通せるようにしたりする「行動調整法」を用いてできることから少しずつ治療します。

 TSD(Tell-show-do)法

これから行うことを「教える(Tell)」、使う器具を「見せる(Show)」、実際に「行う(Do)」ことです。今から何を使ってどういうことをするのか、実際に見せながら説明することで不安をなくし、説明したことを行います。

 カウント法

数を数えながら治療を行うことで、終わる見通しを立ててもらいます。今の状態がどれくらい続くのかわからないということも不安になってしまう要素です。例えば、「1、2、3、…」と数えながら「10」まで歯みがきをすると、「10になると終わる」ということがわかってもらえるので安心につながります。

 系統的脱感作法

簡単なことや刺激の弱いことから始めて、次第に難しさや刺激の強さを上げていく方法です。座って歯みがきができたら、次は診療台に寝ながら歯みがきをしてみる、それができたら次はミラーで口の中を見せてもらう…というように、ステップアップしていきます。

3. 恐怖や不安が強い場合は「静脈内鎮静法」でリラックス

歯科治療に強い恐怖や不安がある場合は、点滴から鎮静薬を体内に入れて気持ちを落ち着かせる方法があります。意識は保ったままウトウトとした状態というのが、全身麻酔との大きな違いです。当院の院長は麻酔科での経験もあり、さらに静脈内鎮静法の間は看護師がモニタリングしておりますのでご安心ください。

4. 嚥下(飲み込み)のご相談やリハビリもおまかせ

嚥下に対して生まれ持った障がいがある方、何らかの理由で飲み込むという機能を学習できていない方、加齢や病気などで食べる機能が低下してしまった方などのために、摂食嚥下に関する相談やリハビリテーションを行っています。
当院の院長は「摂食嚥下リハビリテーション学会認定士」の資格を所有しており、飲み込みに問題がある患者様を対象に内視鏡下嚥下機能検査(VE)を行っています。患者様の状態に合わせたトレーニングなどをご提案させていただき、いつまでもおいしく食事がとれるお手伝いをいたします。

ve

【写真左】内視鏡下嚥下機能検査(VE)の様子

すべての人に適した歯科治療でサポートを

くりさき歯科・こども歯科では、地域のすべての皆様が気持ちよく歯科治療を受けられ、お口の健康を保てるようにお手伝いさせていただきたいと考えております。もし障がい者施設に入所していて通院ができないという方は、施設への訪問診療も可能なのでご相談ください。
どなたにとっても、お口や歯のことで何かあれば「くりさき歯科・こども歯科に頼ればなんとかなる」と思っていただけるような、唯一無二の歯科医院をめざしてまいります。