初めての方へ

名古屋市港区、近隣ご地域で暮らす患者様に密着した唯一無二の「町の歯医者さんであり続けたい」

お子様やハンディキャップをお持ちの方にも心置きなく治療していただけるような院内づくりを心掛け
歯を通して患者様の健康を見守ることができる、そんな歯科、歯医者でありたいと願っています。

お子様が気兼ねなくご来院できるように

行動調整法の実施

多くのお子様が歯科治療を実施するにあたって恐怖心を覚え、口を開けられない、逃げ出そうとしてしまうといった行動が見られる場合があります。
当院では恐怖心を和らげ、強制することなく自ら治療を行っていただくことが何よりも大切だと考えております。そのため当院では以下のような「行動調整法」を実施しております。

TEACCH法

これからどのような治療を行うのか、実際にどのような器具を使用するのかを一つひとつ丁寧に説明します。

カウント法

いつ終わるのか分からない治療にストレスを感じることも多いお子様へ行う行動調整法の1つで、治療の間10を数えて先の見通しを立たせることで、お子様のストレスを軽減するというものです。

モデリング法

実際に上手にできる子供の治療風景を見せる事で不適応行動を減弱させる方法です。
「あの子のようにやれば、うまくできるんだ!」という自信にも繋がり、スムーズな治療に導くことができます。早ければ2歳ごろから用いることができます。

障がい者歯科

当院では障がいを持った患者さんが歯科医院に慣れ、スムーズに治療を受けれるように行動調整法(トレーニング)等の独自の体制をもって患者さんの治療にあたっています。
もちろん、医療保険や医療福祉費支給制度などをお使いいただけますので、気になる方は是非一度ご相談ください。

・名古屋歯科保健医療センター(障がい者歯科センター)在籍の歯科医師による治療
・緊急時の対応に長けた看護師が在籍
・麻酔科の在籍経験を活かし、当院独自の静脈内鎮静法を用いた治療も行っています。

※静脈内鎮静法・・・血管内に鎮静薬を注入する方法をとり、大きな処置を必要とする場合に用いる、全身麻酔に準じた鎮静法です。

WEB予約