小児歯科

子どもの歯は大人よりも歯質がやわらかく、表面に小さな穴がたくさん開いています。そのため、むし歯になりやすく、あっという間に進行してしまうという特徴があります。
乳歯がむし歯になると、「永久歯が正しく生えてこない」といった、お子様の成長に悪影響を及ぼす可能性があります。
しかし、正しいケアをすれば、むし歯を防ぐことができます。一緒にお子様のお口の健康を守っていきましょう。
当院では、お子様それぞれのむし歯リスクの解析を行い、むし歯になりやすいかの検査を行っています。
検査結果に基づき、食習慣の見直し、歯磨きの方法の改善などを指導しております。

くりさき歯科・こども歯科の小児歯科の特徴

1. 無理やり治療をしない

歯科治療に恐怖心があるお子様に対しては、「無理やり治療をしない」というのが当院のスタンスです。
まずは、歯医者に慣れることから始めていきます。
当院では、絵カードを使ったトレーニングに力をいれています。
そのほかには「10カウント法」といい、1から10まで数を数えている間のみ治療を進めるといった行動調整法を導入しています。
お子様の月齢・発達年齢に合わせたトレーニングを提案して、お子様、保護者の方、医療スタッフが共同して治療を行っています。
2. むし歯にならない予防

お子様の歯をむし歯から守るために、「フッ素塗布」「シーラント」「ブラッシング指導」などを行っています。

フッ素塗布


フッ素を塗布することでむし歯予防の効果を高めることができます。歯科医師が年齢に合わせて適切なフッ素の濃度を選択し、塗布します。初期むし歯に対して継続してフッ素塗布を行い、管理することでむし歯が重症化しないと言われています。

シーラント


シーラントは歯の凸凹を歯科用プラスチックで埋めて、むし歯にならないようにする予防法です。特に奥歯はみがきにくく、食べかすもたまりやすいので、むし歯になる前にフタをしてむし歯を防ぎましょう。

ブラッシング指導


お子様のお口の形や歯の生え方などに合わせて、適したブラッシング方法をお伝えします。汚れがたまりそうな場所や、磨きにくい場所などもわかりやすくご説明しますので、仕上げみがきの際にも役立ちます。

3. 食事やおやつについての栄養指導

むし歯になる危険性が高まる要因の1つが、食事です。食事をすると、お口の中が酸性に変化し、歯が溶けやすい環境になります。そのため、食事がダラダラと長時間になったり、回数が多かったりすると、むし歯になりやすくなってしまいます。
また、むし歯菌の大好物である「糖分」をコントロールすることも大切です。おやつに甘いお菓子やジュースをたくさん食べると、むし歯になるリスクが高くなります。だからと必要以上に制限してしまうと、ストレスなどで口腔環境が悪化してしまう可能性があります。
普段の食事やおやつについてヒアリングをした後、お子様の口腔環境や栄養のためのアドバイスをさせていただきます。

むし歯ができる前に歯医者さんに通いましょう

むし歯ができてから歯医者さんに行くと、痛いところに触られたり、怖いことをされたりするのではと思って、お口も心も開くことができません。そのため、初めての治療は痛みや恐怖感を感じない「予防歯科」を体験させることが大切です。そうすれば、「歯科医院=怖い・痛い」というイメージがつかなくなります。
また、お子様が歯科医院に対して怖いイメージを持ってしまうと、一緒に来ていただく保護者の方も大変な思いをされることが多いです。
お子様も保護者の方も笑顔でご来院いただき、笑顔で帰れる歯科医院でいられるように、スタッフ一同努めてまいります。

赤ちゃんのうちから歯科医院へ

むし歯治療以外にも、くりさき歯科・こども歯科では、お口の機能の発達支援を行っています。
生まれたばかりの赤ちゃんの時代から正しいお口の機能の発達のためにトレーニングや指導を行っています。
具体的には、「離乳食の選び方・調理方法」、「食具の使い方」、「口の周りの筋肉のトレーニング」など、患者さんそれぞれの月齢、発達年齢、状態に応じた指導やトレーニングに力を入れています。