ブログ一覧

食べるのって苦しくない。「おいしく食べるトレーニング」をしましょう

こんにちは。
 
名古屋市港区の「くりさき歯科・こども歯科」です。
 
 
「お口は動いているけれど、ちゃんと噛んでいるのかな?」
 
「飲み込むと、よくムセるんだけど……」
 
お子様の食べ方で、こうなふうに感じたことはありませんか?
 
食事のたびにムセたり、しっかり噛めなくてのどに詰まらせたりすることが多いと心配になりますよね。
 
そんなお子様は、食べるためのトレーニング にチャンレジしてみませんか?
 
 

食べる動きは、練習をして身につけていくもの

誰でも食べられるようになるのは、あたりまえ? いいえ、そんなことはありません。
 
人は、生まれたら自然と食べることができるわけではないのです。
 
ものを食べるには、食べものをお箸やスプーンなどで口に運ぶ、噛む、押しつぶす、飲み込む、などさまざまな動きがあります。
 
そんな一つひとつの動きは、母乳やミルクを飲む、離乳食を食べることから始まり、毎日の食事で練習をして、身につけていくものなのです。
 
 

食べる動きが身につかないと、どうなるの?

食べる動きは、5歳ごろまでに身につくといわれています。
 
ですが、身体の仕組みの問題なんらかの障がいがあると、身につきにくい場合があります。
 
食べる動きが身につかないと、飲み込んだものが気道に入ってムセたり、しっかり噛めないまま飲み込んで、のどに詰まらせたり……。
 
食事のたびにこういうことがあると、食べることが楽しくない、苦しいと思ってしまいます。
 
そして、食べるのが苦しいからと食べなくなってしまうと、ますます心配になりますよね。
 
 

おいしく食べるためのトレーニングがあります

食べることが苦しいと感じるお子様のために、おいしく食べるためのトレーニングができる歯科医院があります。
 
摂食嚥下リハビリテーション学会認定士がいる当院で、食べるためのお口作りや、食べるときに使う身体の筋肉をきたえるトレーニングをしましょう。
 
また、食事の時間はリラックスして楽しく過ごしたいもの。
 
トレーニングだけでなく、患者様の食事の様子をお聞きし、楽しく食べるためのアドバイスも行っています。
 
さらに、当院では訪問看護ステーションと連携をとりながら、訪問診療にも力を入れています。
 
当院での受診が難しい場合も、安心してご相談ください。