ブログ一覧

管理栄養士がいる歯医者さん。栄養ケアステーション「ごはんのおとも」について

こんにちは。
 
名古屋市港区の「くりさき歯科・こども歯科」です。
 
 
当院には、栄養に関する専門家である管理栄養士が在籍しております。
 
「歯科医院に管理栄養士?」と思われるかもしれませんが、食生活とお口の健康には深い関りがあります。
 
歯科医院は「むし歯を治療する」「むし歯を予防する」だけではなく、「おいしく食べてお口の健康を維持する」役割を担っていると考えています。
 
患者さまの「食べる」をサポートするための、当院の取り組みについてご紹介します。
 
 

栄養ケア・ステーションとは?

当院は2020年6月から「認定栄養ケア・ステーション ごはんのおとも」を開設しました。
 
栄養ケア・ステーションとは、栄養士が在籍し、地域の皆様の栄養ケアの支援・指導を行う拠点として、日本栄養士会から認定された施設です。
 
お子様からシニアの方まで、ライフステージに合わせた食生活へのアドバイスと、情報提供を行います。
 
 

一人ひとりに合わせた離乳食指導

当院の「認定栄養ケア・ステーション ごはんのおとも」では、定期的に離乳食教室を開催しています。
 
「せっかく作った離乳食を食べてくれない」
 
「栄養が偏っていないか心配」
 
保護者の方の、離乳食に関する悩みは多いものです。
 
育児本に従って、月齢に合わせた離乳食を用意しても上手に食べることができない時は、調理方法や食べさせ方が、お口の成長に合っていないのかもしれません。
 
お口の成長は、一人ひとり違うもの。
 
月齢ではなく、お口の成長具合を見極めた栄養指導ができるのは、歯科医院ならではと好評を頂いております。
 
離乳食教室では、歯科医院だからできる口腔筋肉のトレーニングも行っております。
 
栄養を吸収しやすくするためには、口腔筋肉を鍛えて、口の中でしっかりとすり潰すことが大切です。
 
 

お子様のお口の健康をサポート

お口の健康を保つためには、歯磨きなどのケアはもちろんですが、食事の摂り方も重要です。
 
お子様の場合は、一度に食べられる量が少ないので、3回の食事だけでなくおやつをうまく利用して効率よく栄養を摂るようにしましょう。
 
歯を強くする食材や、おやつの摂り方など、丈夫な歯と健康な身体を作るためのポイントをご紹介します。
 
お子様だけでなく、加齢や病気、または障害によって、「食べにくい」「食べづらい」状態の方にも、おいしく楽しく食べられる食事をご提案しながら、お口の健康をサポートします。
 
 
当院の「認定栄養ケア・ステーション ごはんのおとも」での取り組みをご紹介しました。
 
歯科医院の視点で、ご家族全員の食生活をサポートしたいと考えております。食に関するお悩みがありましたら、お気軽にご相談ください。