ブログ一覧

歯科医院での点滴療法とは?

名古屋市港区のくりさき歯科・こども歯科です。

当院では「点滴療法」という治療も取り入れております。
歯科医院で点滴療法?」と思われる方もいらっしゃると思いますが、歯科治療と併用することで、歯周病を改善したり、インプラント治療の術後経過を良好にしたりと、歯科治療でも有効性が認められています。

現在当院で行っている点滴療法は、以下の2種類です。

 

最近評判の点滴療法ってなにを点滴するの?

・高濃度ビタミンC点滴(IVC療法)

高濃度ビタミンC点滴(IVC療法)とは、濃度の高いビタミンCを静脈から投与する治療法です。
ビタミンCは経口摂取ではわずかしか吸収されませんが、点滴で投与すると、血液中のビタミン濃度が食品やサプリメントで摂取した場合のおよそ70倍も高くなります。
この治療法による効果は多数ありますが、歯科治療としておすすめな理由は、ビタミンCが歯周病に対して有効だという点です。
ビタミンCが不足すると、歯周病の初期症状である歯肉炎になりやすくなり、歯周病になってしまうと歯周組織が破壊されてしまいます。
また、歯周病リスクを高める要因の一つに喫煙がありますが、喫煙によりビタミンCが破壊され、歯周組織も破壊されやすくなってしまうためです。

 

・マイヤーズカクテル点滴
マイヤーズカクテル点滴とは、ビタミンB1、B2、B3、B6、B12、ビタミンC、グルタチオン、マグネシウムなどの人間の体の中に存在する栄養素のみを点滴で投与するもので、人体に害はなく、副作用もほとんどない点滴療法です。
アメリカの自然療法医学では定番の治療法で、偏頭痛や慢性疲労などのほか、歯周病や口内炎などのお口の中の症状に効果があります。

 

歯科医院でおすすめの「点滴療法」その効果は?

高濃度ビタミンC点滴療法(IVC療法)の効果は、以下の通りです

・インプラント手術後の傷の回復促進
・歯周病・インプラント周囲炎の予防・改善
・歯周組織(歯ぐきなど)の強化
・アンチエイジングなどの美容効果

 

また、マイヤーズカクテル点滴が有効な主な病気は以下の通りです

・歯周病
・口内炎
・気管支喘息
・偏頭痛発作
・線維筋痛症
・慢性披露症候群
・全身倦怠

 

まとめ

当院では、歯科治療と点滴療法を組み合わせることで治療効率を高めたり、予防治療にも良い影響をもたらします。
また、上に書いた通り、点滴療法は身体全体にも良い作用をもたらします。
木曜診療で通いやすい当院で、お口とお身体の健康づくりを行ってみてはいかがでしょうか?

 

くりさき歯科・こども歯科

医院名 くりさき歯科・こども歯科
院長 栗崎 新也
住所 〒455-0843
愛知県名古屋市港区錦町2-20
電話番号 052-381-5975
URL https://www.kurisaki-dental.jp/
診療内容 一般歯科・小児歯科、マウスピース型矯正、障がい者歯科、口腔外科、歯科訪問診療・摂食嚥下リハビリテーション、予防歯科など
概要 「徹底した衛生管理、最期まで美味しく安全に食事サポート、お子様が安心できる名古屋市港区、稲永駅徒歩5分の歯科・歯医者【くりさき歯科・こども歯科】地域のかかりつけ医として、地域に密着した唯一無二の歯科医療を行ってまいります。